読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運動嫌いの産後ダイエット~食べて痩せる~

産後ダイエットに励む一児の母です。運動なんて三日坊主どころか一日坊主!食べるの大好き!そんな私の産後ダイエットのススメ

産後ダイエットの基本!1日3食の太らない食べ方!

f:id:sango_diet2016:20170104232738j:plain

 

食事で産後ダイエットとイメージすると、食事を抜いたりする無理なものを思い浮かべる方が多いかもしれません。

しかし、間違った食事制限はリバウンドのもと!

 

正しい食事の知識を身に付ければ、1日3食きちんと食べて痩せることが出来るのです!

 

・リバウンドや停滞期に陥らない食事は

大前提として、1日に必要な基礎代謝分のカロリーはきちんと摂るべきなのです!

カロリーを大幅に減らせば痩せるのは必然的ですが、これでは跳ね返りも大きくなってしまうもの。

筋肉量や代謝も落ちてしまいます。

 

また、食事と食事の間が長く空くと体のリズムを乱して痩せにくく太りやすい食事に…。

朝食からしっかりと食事を摂ることが食べて痩せる基本です!

 

・太る食事をしていませんか?

以下に当てはまる数が多い人は、「太りやすい食事」になっています!

心当たりがないかチェックしてみましょう。

 

□1日1~2回しか食事をしない

□朝食を食べないことが多い

□麺類や丼ものが好き

□ダイエットを意識すると野菜ばかり食べる

□食事の代わりにスイーツを食べる

□外食、飲酒が多い

□早食いであまり噛まない

□満腹になるまで食べる

□好き嫌いが多い

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?

あてはまる項目が多いと、「たんぱく質」が不足しているかもしれません!

 

たんぱく質を増やして糖質を減らす

 たんぱく質は筋肉のもととなる栄養素です。

炭水化物に含まれる糖質を減らしてたんぱく質を多く摂るように心掛けましょう。

一方糖質は1日50gに抑えるのが理想的とされているのですが、根菜・果物・炭水化物・果物などに多く含まれています。

ご飯やパンを食べなくても、おかずから自然と必要量の糖質を補えてしまうのです。

主食を減らして、その分たんぱく質の多いおかずをたべましょう。

 

・朝ご飯は金のご飯

朝食は1日の体内リズムのスタート地点です。

規則正しい内臓機能のためにも朝ご飯はきちんと摂りましょう。

また、朝食を食べることでリバウンドや筋肉の分解を防ぎ、脳のエネルギー源になってくれるんです!

 

ついつい忙しさで朝食を抜いてしまったり、厳しい減量で夜ご飯を抜いてしまうと、体の中の内臓の活動リズムが狂ってしまいます。

 

1日3食食べて規則正しいリズムを認識させましょう。

目安としては、昼>朝>夜と食べる量を調節することが理想です。